私の節約術

結婚して引っ越しをした時に、冷蔵庫や洗濯機などの大きな家電を買うのでせいいっぱいで、食器に使うお金に困ったことがあります。食器を入れる棚も買えませんでした。その時は職場の同僚などに相談して、未使用のいらない食器などを分けてもらいました。食器棚は、お金がたまったら買うことにして、とりあえずカラーボックスに目隠しの布を付けた棚を作り、そこに食器をしまっていました。

また、その後、主人が勤めていた会社からリストラにあったときも、お金に困りました。その当時は私も働いていて共働きでしたが、生活費は折半していたので主人の分の給料がなくなったことで、それが半分だけになってしまったのです。少ない生活費でやっていけるよう、食費の節約につとめました。

野菜などは趣味で畑をやっている両親から分けてもらい、肉類は安いひき肉の大パックを買ってきて、4等分して冷凍庫に保存し、少しづつ使うようにしました。食卓には、豆腐やもやしを使った料理が並ぶことが多かったです。遊びに行くお金もなかったので、休日は家で過ごし、たまに私の実家か主人の実家にお邪魔して、夕飯をごちそうになり、少しでも食費を浮かせていました。
そのうち主人の新しい職場も決まりましたが、しばらくして今度は私が妊娠、出産のため退職することになったため、結局今も生活費は多くはありません。今後は子供の教育費などもかかってきますが、今のままでは足りないかもしれません。学費が払えなくなって子供に悲しい思いをさせたくありません。(※学費払えない

子供の洋服などは、新生児のころは新しいものを買いましたが、あとは親戚などからいただいたおさがりを着せています。私も主人も洋服はほとんど買わず、たまに買うときはリサイクルショップなどを利用しています。おもちゃなども、今は「ホビーオフ」など、中古品を扱っているお店があるので、なるべくそこで安くて状態の良いものを探すようにしています。

子供を連れて遊びに行く場所はお金のかからない公園などが多いですが、たまにはテーマパークにも連れて行ってあげたいので、メルマガ会員になっていると本人や子供の誕生日の月は入園料が無料になる、というようなところに登録し、少しでも安い料金で行かれるように工夫しています。

もう少し子供が大きくなって私が働きに出られるようになるまでは、節約生活を続けることになりそうです。

コメントする

あなたのメールは <em>絶対に</em> 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

HTML タグと属性を使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*